各通貨情報

仮想通貨のイーサリアムの特徴と将来性

更新日:

イーサリアム

仮想通貨の中でもイーサリアムはビットコインに次いで時価総額2位の人気を誇る仮想通貨です。

その特徴の1つとしてブロックチェーンを用いたスマートコントラクトが有名です。

今回はイーサリアムの特徴を詳しく解説しながら今後の動きについて予想していきます。

イーサリアムの特徴

イーサリアムとは
イーサリアム(Ethereum)とは、DApps(分散型アプリケーション)やスマートコントラクトを構築できるプラットフォームのことです。
通貨と言うより技術に近いもので、ブロックチェーンを使い、誰でも自由にアプリケーションを開発することができます。
(イーサリアムの技術を使ってウォレットなどたくさんのアプリ開発している企業がたくさんあり多くの芭蕉で利用されているため根強い人気なのです)

例えばスマートフォンのアプリを利用するには「appstore」や「playストア」からアプリをインストールする必要があります。

DAppsの場合、ブロックチェーン技術を利用することで「appstore」や「playストア」などを仲介せずにアプリをインストールすることができます。

このプラットフォームを利用するにはコストがかかります。そのコストとして払うのが仮想通貨のイーサリアム(ETH)になります。

イーサリアムの特徴はなんといってもスマートコントラクトです。

スマートコントラクトを簡潔的に言うと「ブロックチェーンを利用して個人間で行われる取引のデータ改ざんを不可能にした電子的な契約書」になります。

スマートコントラクトの汎用性が高くなればなるほど真実の契約が増え、改ざんデータがなくなっていきます。

さらには契約を行う際には自動的に手続きを行うため、第三者の仲介がなくなりコストを抑えることができます。

イーサリアムの懸念点はスケーラビリティ問題

イーサリアムの懸念点はスケーラビリティです。

ビットコインも同様に問題となったものです。

イーサリアムが普及していくとトランザクション(簡単に言うと取引されたときのデータ)の量が膨大になっていきます。

その際、取引承認スピードが追いつかなくなってしまう問題です。

イーサリアム側は4回目のアップデートで取引の承認速度を飛躍的に向上させること目標にしています。

もしスケーラビリティ問題が大幅に改善されればイーサリアムはさらに飛躍していくと予想されています。

今後の動きに期待ですね。

複数の有名企業がイーサリアムを活用を表明

2017年2月にイーサリアムをビジネスに活用していくことを目的として、複数の有名企業が手を組み「イーサリアム企業連合(EEA)」が設立されました。

イーサリアム企業連合
イーサリアム企業連合には世界的にも有名な「Microsoft」日本でも有名な「トヨタ自動車」「三菱UFJフィナンシャル・グループ」が参加しています。

これはイーサリアムの信頼性を表しており、今後の実用性と利便性を期待した動きとなっています。

イーサリアムを買うならどこがいい?

イーサリアムを買うのなら、仮想通貨取引所を経由する必要があります。

国内取引所で仮想通貨を買うには「販売所」と「取引所」があります。

販売所は国内取引所が通貨を売っている金額で購入する方法で、取引所は個人間で価格を指定し取引する方法です。そこでおすすめなのが「Zaif」です。

Zaifでは国内で唯一日本円で取引所を利用することができ、販売所より安く購入できます。

↓ザイフはこちら↓

イーサリアムの今後の動き

イーサリアムの価格は今後上がっていくことが予想されます。(私個人の見解です)

その理由はイーサリアムには4つのアップデートが用意されており、現在はまだ2段階目で、あと2段階の進化が残されているからです。

現在でも時価総額2位のイーサリアムがさらに2段階の進化を遂げた場合、1位のビットコインを追い抜く可能性も秘めています。

ビットコインにはないスマートコントラクトがイーサリアムにはありますので今後の展開について多くの人が期待しています。

これから先もイーサリアムは注目のコインとなることでしょう。

↓ザイフを見てみる↓

-各通貨情報
-, , ,

Copyright© 仮想通貨取引 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.